コエンザイムQ10の一日の摂取量

コエンザイムQ10の成分というのは、身体の中の組織に含まれている成分ですので、コエンザイムQ10を摂取した場合に副作用の心配はほとんどありません。
そのため、公的な機関では、コエンザイムQ10の摂取量において上限を定めていないようです。
サプリメントで摂取する場合においては、それぞれ目安を各メーカーが任されているというのが現状のようです。
とはいえ、摂取量の目安というものがわからないと、どれくらい摂取すればいいのか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。

そこで、メーカーのサイトや書籍などで調べたところ、使用目的やそれぞれの国によっても異なることが分かりました。
日本国内においては、健康を維持したい人や美容目的で摂取したい人の場合、一日あたり大体60mg~100mg摂取すればいいとされているようです。
病気の症状の改善などを目的として摂取したい場合には、大体100mg~200mgを一日に摂る量として目安となるようです。

海外においては、アメリカでは、90mg~390mgが目安となっており、ヨーロッパ諸国においては、100mg~200mgの摂取量が目安となっているようです。
このように、目的や国によって、かなりのばらつきがあるのは、それだけ副作用についてのリスクを心配しなくてもいいということがいえるのではないでしょうか。
もし過剰摂取したとしても、副作用がおきることはほとんどありませんので、サプリメントを摂取する量においては、あまり神経質になる必要はないのではないでしょうか。

ただ、他のサプリメントと同様に、コエンザイムQ10においても、一時的に摂取する量を増やしても、すぐに効果が表れることはあまりありませんので、継続して摂取しつづけることが重要となってきます。
とりあえず目安としては、それぞれのメーカーが表示しているそれぞれの基準にもとづいて、摂取しつづけてみてはいかがでしょうか。
ある程度、継続することが重要ですので、サプリメントhttp://コエンザイムq10.ws/や食品などで摂取しながら、体調の変化やどのくらい効果があるのかについて自分で確認しながら摂取量を増やしていくのが良い方法だといえるでしょう。