化粧品にコエンザイムQ10が配合される量

コエンザイムQ10がテレビで放送されて以来、大ブームとなっており、健康食品だけではなく、化粧品にもコエンザイムQ10は配合されるようになり、今では、アンチエイジングの代名詞とも言われているほどです。
こちらの成分は、水ではなく油に溶けやすい成分でもあり、抗酸化作用について代表的な効果と言われているほどです。
化粧品においては、しわに効果があるということを謳い文句にしているところもあるようですが、化粧品への配合量は、0.03%以下と規制されていますので、どこまで効果があるのかについては、まだわかっていません。

こちらの成分が化粧品へと配合されるようになったのは、ドイツにあるバイアスドルフ社が有名なのですが、もっと前に資生堂が行っていたのです。
そして、2000年に化粧品が自由化されてからも資生堂が特許をとっていたために日本で販売されることはありませんでした。
現在での化粧品においてのコエンザイムのブームは、資生堂が持っていた特許の効力がなくなってしまったために、ようやく沸き起こったもので、もしこの特許がきれていなかったとしたら、未だにコエンザイムが配合されている化粧品は販売されていなかったかもしれません。

ただ、コエンザイムQ10は、強心薬として使用される医薬品の成分ですので、化粧品として使用することができなかったのです。
そのために、一時期ではこちらの成分が配合された化粧品が市場に出回ったのにもかかわらず、突如販売停止になってしまったのは、一部の企業の販売を勇み足だとして厚労省が咎めたからだと言われています。
そして、資生堂や花王などといったような大企業が、安全性のデータをつくり、皮膚に塗ったとしても、医薬品としての効果は認められないということを厚生労働省へ提出したことによってようやく認められたものなのですが、それ以降、化粧品においては、0.03%以下であれば使用できるようになったようです。
医薬品としては、摂取する量が1日あたり0mgだと言われていますので、化粧品として使用するのが0.03%というのは妥当な割合なのかもしれません。